ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

朝起きるのがつらいので、夜ふかしをやめたい

朝、起きるのがつらい。

なぜか?

「夜ふかしをしている」のが原因のひとつとして考えられる。

 

現在の状況

仕事において残業が多いため、帰宅が遅くなる。

その後、食事、片付け、風呂などをこなすと、もう夜中になっている。

そこからテレビを観たりネットをしたりしていると、いつの間にか日付が変わっている。

 

夜ふかしをやめるために

残業がなくなればいいのだが、様々な問題があり、すぐには改善できない。

したがって、別の方法を考える必要がある。

 

夜ふかしをやめるために その2

結局、テレビやネットの時間を減らすのが現実的である。

しかし、ついついやってしまう。

なぜか?

 

喉元過ぎれば熱さを忘れる

朝起きるのがつらかったとしても、夜にはそんなことはすっかり忘れている。

日中もなんとなく体がだるいことがあるが、1日なんとかなってしまっているため、性懲りもなく夜ふかしを繰り返してしまう。

 

この「なんとかなってしまっている」というのが問題である。

 

そろそろなんとかならない日が来る

夜ふかしをするということは、「睡眠」よりも「テレビを観る時間」を優先しているということ。

年齢を重ねて、体は確実に老いてきている。

睡眠を軽視していると、体の回復が追いつかなくなる。

 

というか、朝起きるのがつらいというのは、もうすでに回復が追いついていない証拠なのかもしれない。

 

病気ではない時、人は健康のありがたさに気付かない。

「健康」よりも「テレビを観る時間」の方が大切なのか?

体を壊してでも観たいテレビがあるのか?

 

 まとめ

「夜ふかしをやめよう」という内容を、夜中に書いているという矛盾。

反省している。