ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

あの日聞こえたソイヤの意味を僕はまだ知らない

ある男が妻とスーパーに行った時のこと。

野菜売り場で妻が言った。


「ソイヤ、ソイヤ」


突然のことに、男は少し戸惑いながら、

「お祭りですか?」

と妻に聞いた。すると妻は、


「え?お祭り?『白菜、安いな』って言ったんですけど」


と答えた。


『白菜、安いな』と『ソイヤ、ソイヤ』


文字にしてみると全然似ていない。間違えるというのは信じがたい。


お祭りが好きなわけでもない。フェスティバルとカーニバルの違いもよくわかっていない。

そんな人間の耳に突然響いたソイヤ。

それは何を意味するソイヤなのか。

天からの啓示ソイヤか。

それを受け取りし人間は、いかようにして生きるべきなのか。


天からの啓示ソイヤって何だ?


わからない。

何の話なのかわからない。


その日の夜、温かい鍋料理を食べてゆっくり休んだ。

きっと疲れていたんだ。


それ以来、ソイヤが聞こえたことはない。




ある女が夫とスーパーに行った時のこと。

野菜売り場の白菜がいつもより安かった。

たくさん買って、しばらく鍋料理を食べ続けようかな。お祭りだ。鍋祭りだ。


そんなことを考えていたら、

「ソイヤ、ソイヤ」

とつぶやいてしまった。

すると夫が言った。


「お祭りですか?」


まずい。聞かれた。ごまかさなくては。


「え?お祭り?『白菜、安いな』って言ったんですけど」


夫は少し困惑した顔をして、その後しばらく何かを考え込んでいるようだった。


その日の夜、温かい鍋料理を食べてゆっくり休んだ。

きっと疲れていたんだ。


明日も鍋。しばらく鍋。

ソイヤソイヤ。