ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

パン屋のパンが食べたくて

パン屋のパンが食べたくて

行ったパン屋が定休日

 

パン屋のパンが食べたくて

次のパン屋も定休日

 

パン屋のパンにこだわって

次のパン屋にたどり着く

 

パン屋のパンを購入し

安堵の顔で帰路につく

 

 

解説

パン屋のパンが食べたくなり、パン屋に行ったのだが、定休日だった。

 

しかたがないので別のパン屋に行ったら、そこも定休日だった。

 

2軒連続で定休日。

どうしようかと考えていた時、「パンがないならお菓子を食べればいいじゃない」という言葉が浮かんできた。

 

パンがないから別の物で代替する。

臨機応変。柔軟性のある考え方と言える。やり方としては一理ある。

しかし、それを繰り返していると、自分が本当はどうしたいのかがわからない人間になってしまう。

 

自分の意思を確認する。

私はパン屋のパンが食べたいのだ。

前を向き、3軒目のパン屋に向かう。

 

3軒目のパン屋は営業していた。

パンを買い、帰宅する。

目的を達成できた。よかった。

 

ささやかな幸せを大切にして生きていこう。