ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

危険タックル

ショッピングセンターに70代くらいの男性と小学校低学年くらいの男の子がいた。

おじいさんと孫、という関係性だろう。私は少し離れた位置からぼんやり眺めていた。

 

次の瞬間、孫がおじいさんの脚にタックルをした。

おじいさんの片脚を掴み、倒そうとしている。

 

危険タックルだ。

 

孫は楽しそうに笑っている。

おじいさんは倒されまいとこらえて、どうにか危機を脱した。

 

おじいさんにとって転倒は致命傷になり得る。私は遠くから見ていただけだが、冷や汗をかいた。

 

ヒットマンは身近なところにいる。

平和な日常は突然ひっくり返るということを思い知らされた。

 

何が起こるかわからない。

覚悟して生きよう。