ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

重いドアを開けた話

玄関のドアを開けようとしたら、ドアがものすごく重かった。

 

外から誰かが押し戻しているかのような感覚。

さては友人のイタズラだな。

そう思った私は、「パワー!!」と言いながらドアを思いきり押した。

 

ゆっくりとドアが開き、外に出ることができた。

しかしそこには誰もいない。強い風が吹いていただけだった。

 

友人のイタズラではなく、風のイタズラだった、ということである。

 

 

さて、視点を変えて考えてみよう。

 

あるアニメの主題歌の歌詞に「愛と勇気だけが友達さ」という部分がある。

「愛」と「勇気」は友達になり得るということだ。

 

この理論に基づいて考えると、「風」を友人だと主張するのもアリだと言える。つまり、

 

風にイタズラされた = 友人にイタズラされた

 

ということである。

そう。私は友人にイタズラされたのである。

 

 

・・・という理屈をこねたところで、「誰もいないのに『パワー!!』と言いながら外に出てしまった恥ずかしい自分」がいるという事実は消えないのだが、人間はどうにかして自分の行為を正当化したい生き物なのである。

 

失敗したことを後から振り返って、「あれがあったから今がある。あの失敗があって良かった」と考える。そうすることで、自分のやってきたことは間違いではなかったと思うことができる。

 

そうしないと心が崩れてしまう。

 

無意識レベルでやっていることだと思うが、これは生きるための工夫と言えるのかもしれない。

 

さあ、どうにかして今日も生きよう。