ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

カップ麺と玉ねぎ

スーパーにて。

カップ麺が並んでいる棚に、玉ねぎが1つ置いてあった。

大量のカップ麺が並べられている中に、突然現れる玉ねぎ。明らかにおかしい。

 

もしかして、玉ねぎの形をしたカップ麺だろうか?

しかし玉ねぎはの形は球体であり、転がりやすいのでカップ麺の容器としては適さないだろう。

 

・・・ということは、球体を安定させられる台があれば、玉ねぎ型のカップ麺は成立するのではないか?

 

球体を安定させる台、というキーワードから、野球のサインボールを飾る時に使うスタンドが頭に浮かんだ。バットで作られた三脚のようなものである。

 

あれがあれば球体の容器でもいけるな、と思ったのだが、もう少し考えたらそんな特別なものは必要ないことに気づいた。茶碗があればいいのだ。

 

茶碗に球体を入れれば、転がっていかない。

 

この事実から導き出されるのは、

玉ねぎ型のカップ麺は存在し得る」

ということである。

 

もう一度、カップ麺の棚にある玉ねぎらしきものをよく見てみた。

 

やはり玉ねぎそのものであった。