ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

無気力

何もやる気になれない。無気力だ。ぼんやりしている。

 

 

例えば、怒りや嫉妬のようなものは、負のエネルギーに分類される。

負のエネルギーは人間関係を壊したりしがちなため、ネガティブなものとしてとらえられる。

しかし、考え方次第ではこのエネルギーの方向性を変えて、ポジティブなものにできる。

だから負のエネルギーは一概に悪いものとは言えない。

 

・・・という話はいろんなところで聞く。

 

マイナスのエネルギーの符号を変えてプラスのエネルギーにするという考え方はわかるが、無気力の場合はどうすればいいのだろうか。

「無気力」というエネルギーゼロの状態は、方向を変えたところでゼロである。

無気力の方が対処が難しい気がする。

 

 

何も前に進まない1日を過ごした。

無意味な1日。

 

まあ、そもそも人生に意味があるのかもわからないのだが。