ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

梅干しとお湯に噛みつかれた話

食事をしていて、誤って唇を噛んでしまうことがある。

普通に咀嚼していたのに、一瞬だけ口が痙攣したような感じになり、噛んでしまう。

あれは一体なぜなんだろう。口がバグっているのだろうか。

 

先日、犬歯で口の中を噛んでしまい、軽く怪我をした。

犬歯は尖っているため、刺さりやすい。

尖っているのには何か意味があるのだろうが、少なくとも自分を傷つけるためではないはずだ。

 

例えば包丁は、料理を作るために使えば人が生きていくのに役立つが、使い方を間違えればケガをしたり、命を落とすことになる。

 

道具というものは、使い方次第で毒にも薬にもなる。

今回、私は犬歯の間違った使い方をしてしまったのだろう。口がバグったせいではあるが。

 

 

ちなみにその口で梅干しを食べたら、痛かった。「傷口に塩を塗る」とはこういうことだろうか。

その後、熱い飲み物を飲んだら、痛かった。傷口には塩じゃなくてもダメージがある。

 

梅干しも熱い飲み物も、間違った使い方をすると痛い目にあうようだ。

間違った使い方をしたつもりはないのだけれども。