ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

ボールペンの意外な最期

ボールペンで紙に文字を書こうとしたら、インクがドバッと出た。

 

紙が汚れてしまったが、重要な書類というわけではないので、そこまで慌てることはない。とりあえずインクの付いたペン先をティッシュで拭いた。

 

気を取り直して、ボールペンを紙に当てて文字を書こうとしたのだが、今度はインクが出てこない。

おかしいなと思ってペン先を見ると、先端にあるはずのボールが無くなっていた。

 

ボールの無いボールペンはもはやボールペンではない。ただのペンだ。

いや、インクが出てこないのだから、ペンとしての役割を果たすことができない。つまりペンですらない。

 

私はその「ボールペンだったもの」を、しばらく呆然として見つめていた。

 

 

悲しい最期を迎えてしまった。

インクを使い切るのを寿命とするのなら、今回のは事故死ということになるのだろうか。

 

思えばこのボールペンでたくさんの文字を書いた。雨の日も風の日も。

感謝の念を胸に、お別れしよう。

 

 

ありがとう。さようなら。