ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

カエルは今日を生き延びる

朝、カエルを見た。1cmほどの大きさで、道の端にいた。

その日の夕方、同じ場所で同じ姿勢のカエルを見た。

 

朝からずっとそこにいたのだろうか。

朝のカエルと夕方のカエルが同じ個体だという確証は無いけれど。

 

 

生物にとって最も重要なのは「生き延びる」ということだ。たぶん。

様々な敵が存在する自然界では、生き延びるのは容易なことではない。

カエルはその場所が安全だと判断したからそこにいたのだ。生き延びるために。

 

 

人間、生きているといろんなことがある。

仕事がうまくいかない、人からバカにされて悔しい、嫌がらせをされてつらい、など、大変なこともたくさんある。

 

それでも、なんとか今日を生き延びる。それだけで立派なことだ。

生物として最も重要なことをクリアしているのだから。

 

 

さあ、明日もなんとか生きてみよう。