ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

本当は怖いセミと小学生

アスファルトの上でひっくり返っているセミがいた。亡くなっていると思って近くを通ったら、突然鳴きながら飛び立った。

 

そんな経験があるため、ひっくり返っているセミを見ると「不発弾」という言葉をイメージする。

今は眠っているが、いつ爆発するかわからない。油断するな。そんな気持ちになる。

 

 

ある日、玄関のドアを開けて外に出ようとしたら、足元にセミが転がっていた。ちょうど踏んづけてしまいそうな位置に。

 

地雷かな?と思いつつ、慎重に撤去作業をする。どうやらそれはもう爆発することはない状態のようだった。

 

 

セミは怖い。爆弾的な怖さもあるが、顔も怖い。近くでよく見ると震えるほど怖い。そんなセミを捕まえて遊んでいる小学生を見ると狂気を感じる。これはセミが怖いというよりも小学生が怖いわけだが。

 

 

夏はセミと小学生に気をつけよう。