ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

信号待ち時間の過ごし方

マスクを着けた男性が、一般道をランニングしていた。20代くらいで、スポーツをやっていそうな雰囲気の人だった。

 

その男性が交差点に近づき、赤信号を見て止まった。周囲を確認した後、地面に手をついて腕立て伏せを始めた。

 

その後、スッと立ち上がり、青信号を見て再び走り出した。

 

 

マスクをしてランニングするだけでも息苦しいと思う。その上で信号待ちのわずかな時間もトレーニングの手を緩めないというのは、なかなかにハードなことである。

 

その男性はおそらく、なんらかのスポーツで良い結果を出すためにハードなトレーニングをしているのだろう。成し遂げたいものがあるから頑張れるのだろう。

 

生きがい、やりがい。

そういうものがあるのは素敵なことだな、と思いながら、私は今日もなんとなく生きていくのであった。