ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

夜ふかしをやめたら、気持ちよく起きられる?

「朝、起きるのがつらい。夜ふかしをしているからだ」

 

そう考えた私は、夜12時すぎに布団に入る生活をやめて、夜10時ごろには布団に入るようにした。

 

しばらく試してみたのだが、「やはり朝は起きるのがつらい」という結果になった。

起床時間は変えていないので、睡眠時間は増えているはずなのだが。

 

睡眠の質が悪いのか、起きるタイミングが悪いのか。

 

精神的な問題かもしれない。

「起きたくない」という気持ちがあるからつらいのだ。

起きたくないのは、起きても楽しいことがないから。

 

だとしたら、楽しいことがある日は気持ちよく起きれるということになる。

例えば、やりたいことがやれる日は楽しい日になるだろう。

 

しかし私は、やりたいことが特にない。ただなんとなく生きているだけだ。

 

 

詰んだ。

 

 

私は、「明日死ぬとしたら、何をしたい?」と聞かれてもやりたいことが思い浮かばないのだ。

 

 

朝、気持ちよく起きるのは、私には難しすぎる。

 

軽い絶望感とともに起き、淡々と生きる。

今の私にできるのはそれだけだ。

 

 

 

今はそれでいいとしよう。状況はいずれ変わる。ずっと同じ状況が続くわけじゃない。

良いことも悪いことも。