ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

無骨な男は「握り飯」と言う

現代社会において、おにぎりのことを「握り飯」と言う人はほとんどいない。だがおそらく昔は普通に言っていたのだと思う。

 

 

江戸時代の農村。病に倒れた男が布団に横になっていた。そばで妻が看病している。

「俺はもう長くない。すまねぇな・・・」

「そんな弱気なこと言わないでおくれよ」

「最期に、おめぇのつくった握り飯が食いてぇな」

「最期なんて言わないでおくれよ。今つくるからさ」

「あと、香の物と味噌汁も欲しいな。できれば焼き魚も。牡丹とか紅葉もいいな。あと柏」

「食欲旺盛じゃないか!あんた本当は元気なんじゃないのかい!?」

 

 

 

こんなやりとりが普通にあったかもしれない。

 

白米の握り飯がごちそうだった。そんな時代があった。現代では簡単に手に入る。ありがてえ話ですな。