ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

「ありがとうオリゴ糖」の真意を考える

ジョイマンのラップネタの中に「ありがとうオリゴ糖」というフレーズがある。

これを「オリゴ糖ありがとう」にすると、オリゴ糖をもらった人がお礼を言っている情景が浮かぶ。

 

日常生活でオリゴ糖を単品でもらう機会はなかなか無い。となるとお歳暮だろうか。

 

 

お歳暮で「オリゴ糖詰め合わせ」を送るという状況を考えてみる。

 

・お世話になった人に「ありがとう」の気持ちを込めて「オリゴ糖」を送る。

・お歳暮を受け取った側は「オリゴ糖」を送ってくれて「ありがとう」と言う。

 

 

「ありがとうオリゴ糖

オリゴ糖ありがとう」

 

この2つは繋がって成立する。

ジョイマンが発したひとつの点。そこからもうひとつの点を導き出し、繋げることでここにたどり着いた。

 

お互いに感謝の気持ちを持つのが大切だということ。

忘れないようにしたい。

 

 

 

 

まあ、おそらくジョイマンはそういう意図でネタをやっていないだろう。

私の戯言だ。