ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

思い込みで文句を言う人

「どうせまたあいつがやったんだろ!」

「うーん。どうなんですかね」

「いや、絶対あいつだろ!あいつ以外に考えられん!」

 

こんな会話を耳にした。何やらトラブルがあって、犯人探しをしているようだ。

1人はかなり興奮していた。犯人を「あいつ」だと決めつけている。絶対とまで言うのはなかなかの自信だ。

 

しかし、「あいつ以外に考えられん」というのは、「明確な証拠はないが、あいつ以外に考えられん」ということのようだ。思い込みで犯人を決めつけているわけだ。

そんな決めつけをして、もし違っていたらとんでもないことになると思うのだが。

 

そういう決めつけをする人は、犯人が「あいつ」じゃなかった時、「犯人だと疑われるのは、あいつの日頃の行いが悪いからだ!」みたいなことを言う。自分の非を認めたくないからだ。

 

 

自分の間違いを認めずにわめき散らす人は、間違いを認めたら負けだと思っているのだろうか。あるいは間違えた恥ずかしさを怒りでごまかそうとしているのか。

いずれにしても未熟な人間だということだ。

 

不当にわめき散らしてくる人に対しては、正論で追い詰めて懲らしめたくなるかもしれないが、やりすぎてはいけない。追い込まれた人間は何をするかわからないので危険である。

 

かと言って、そういう人をのさばらせるのもまずいわけだが。

 

とにかく冷静に対応しよう。

冷静さを失うと、自分だって何をしでかすかわからないのだから。