ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

睡魔「私は戦うつもりはない」

「睡魔と戦う」という言葉がある。眠りたくない時に眠くなった場合、この表現を使う。

しかし、これは人間が勝手に睡魔を敵とみなして戦っているだけである。

 

眠気は体が発しているサインだ。「疲れているから、眠って回復させた方がいいですよ」というサインだ。そのありがたいお知らせを敵だとみなして戦う。なかなかの暴挙である。

 

睡魔に逆らわず、眠るのが自然体である。しかし現実には眠ってはいけない状況が存在する。

「仕事の締め切りに間に合わせるため」とか、「明日は大切な試験があるから勉強しないと」などだ。

 

もう一度言おう。睡魔に逆らわず、眠るのが自然体である。人間の活動は往々にして自然に反している。

現代においての「普通の生活」は「自然な生活」ではないということだ。

 

日常を普通に生活しているだけで疲れるのは当然だ。不自然なことを毎日繰り返しているのだから。

 

 

それでもそうやって生きるしかない。

現代を普通に生きるならば。

 

逆に言えば、普通をやめればいいわけだ。

覚悟は必要だが、そうする価値はあるかもしれない。