ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

ドーナツとの戦い

冷蔵庫で保管していたドーナツを食べようとして口に入れたのだが、硬すぎて噛みきれなかった。

 

「石かな?」と思って口から出して目視確認したが、ドーナツだった。

 

チョコレートでコーティングされた部分が石のように硬い。

フォークでも使って切ろうかと思ったが、それではドーナツに負けたような気がするので、自分の口で真っ向勝負することに決めた。よくわからない意地である。

 

この勝負は、アゴの強さよりも歯の強さがポイントとなる。

そしてこの場合、歯の硬さというよりも歯茎の強さが重要である。

どんなに歯が硬くとも、それを支える土台である歯茎が弱ければ、ドーナツに歯をもっていかれるからだ。

 

精神を集中する。

 

ドーナツを口に入れてかじると、歯がドーナツに当たり、抵抗を受ける。やはり硬い。

 

ここからが勝負だ。

思い出せ。これまでの人生で、もっと硬いものもあったはずだ。ひと冬を越したあずきバーの硬さを思い出せ。

 

グッと力を入れて噛み込むと、私の歯がチョコレートの防御力を突破した。

 

勝った。

 

私は勝利とドーナツを噛み締めた。

 

 

結論:ドーナツは冷蔵庫に入れないほうが吉。