ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

「お疲れさまです」というあいさつ

ある日の午後。

会社のロッカールームで自分のロッカーに荷物を入れていたら、

 

「なんか見たことある顔の奴がいるな」

 

という声が聞こえてきた。

横を見ると、普段は接点がないが、以前一緒に仕事をしたことのある先輩がいた。

とりあえず私は、

 

「お疲れさまです」

 

と、あいさつした。

※この会社では、相手が先輩でも後輩でも『お疲れさまです』とあいさつするのがスタンダードである。

※先輩に対して『お疲れさまです』と言うのは正しいのか、という点に関しては、今回は不問としていただきたい。

 

すると先輩は、

 

「別に疲れてない」

 

と言った。 

私は、

 

「疲れてないってどういうことだ?必死に働いてないってことか?ちゃんと働けやコラァ!」

 

などとは言えるわけもなく、

 

「そうですか」と言って、速やかにその場を去った。

 

めんどくさい人とは関わりたくない。

相手の方から話しかけてきたから、軽いあいさつのつもりで返事をしただけ。

 

しかし今後、「お疲れさまです」が使いづらくなった。

なので、今度話しかけられたら、「どうも」とでも言っておこうか。

 

と思ったのだが、調べてみたら「どうも」は先輩に対して使うのは良くないという説があるようだ。

 

めんどくさい。

黙って会釈して立ち去ろう。