ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

パンの袋が粘り強い

6個入りロールパンの袋を開けようとしていた。両手で袋をつかみ、左右に開くように袋を引っ張り、「バッ」と開く。

 

・・・はずだったのだが、思ったよりしっかりと封じられていて、開かない。

もう一度、両手で袋をつかみ、左右に開くように袋を引っ張る。

 

「グググ・・・ニョーン」といった具合に、ビニールが伸びておかしな形に破れた。

パンが取り出せればいいとはいえ、変な破れ方だと出しにくいなと思った。

 

後日、別のロールパンの袋を開けたら、キレイに開いた。ちょっと嬉しくなった。

 

「袋がキレイに開く」というのは、普通のことのように思えるが、それは誰かがキレイに開くように作ってくれているからだ。

 

当たり前だと思わずに、ありがたいことだと考えよう。