ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

おじいさんのフェイスシールド

ドラッグストアの入り口に向かって歩いていたところ、店から人が出てきた。

その人は買い物袋を持ったおじいさんで、顔にフェイスシールドを着けていた。

 

マスクを着けている人は多いが、フェイスシールドで歩いている人はあまり見かけない。

フェイスシールドは医療現場で使用されているイメージだ。

 

フェイスシールドはマスクより防御力が高いのだろうか。まあ、メリットもデメリットも両方あるとは思うのだが。

 

そのおじいさんが、マスクよりもフェイスシールドの方が優れていると判断して使用しているのか、単純にマスクが手に入らなかっただけなのかはわからない。

 

このご時世、マスクを着けずに外に出るのは非常識だという風潮がある。マスクを着けていれば大丈夫という保証はないのだが。

 

何が正解かわからないが、よく考えて最善を尽くすしかない。

 

普通に生活するのが難しくなった。

というか、「普通」の定義が変わったということか。

 

そういう変化を受け入れなければならない。

この先を生きていくならば。