ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

100円ショップに起こった革命

100円ショップの商品は全て100円だった。

しかしある時、革命が起こった。

 

 

「これ、いくらかな?」

「100円だろ。100円ショップなんだから」

「あ、200円の値札がついてた」

「えっ・・・」

 

 

 

100円ショップの看板を掲げている店は、「この店の商品は100円ですよ」と宣言している店である。これはつまり、「商品は全て100円で売らなければならない」というルールを自分に課しているということである。

 

それなのに、100円じゃないものを売る。

 

自分で100円ショップを名乗っておきながら、自分でそのルールを超えていく。ここが革命なのだ。

 

自分で前提を覆すのは意外と難しい。そもそも「前提を覆す」という発想自体がなかなか出てこないというのもある。

 

思い込みというのは、それが思い込みであることに気づかない。無意識のものである。

何かのきっかけで無意識を意識できた時がチャンスだ。

 

常識を更新しよう。