ただ今、鎖国しております。

ニンゲン コワイ

メガネケースに仕事を与える

使うときに使わなくて、使わない時に使うものってなんだ?

 

というなぞなぞがある。

これの模範解答は「風呂のふた」だが、他にも正解がある。

 

そのひとつが「メガネケース」である。

メガネケースを使う時はメガネを顔に装着していない時だ。

 

しかし、「メガネを外したら必ずメガネケースに入れる」という人は少数派だろう。

 

メガネケースとは、メガネを入れるために存在するものである。

その役割を果たせずに、空っぽで眠っているメガネケースがおそらくたくさんいる。

まあ、メガネケースがなくても生活できると言ってしまえばそれまでなのだが。

 

メガネケースの立場で考えたら、なんだか切ない気持ちになる。「仕事ができないわけではないが、仕事を任されない」という状況に通ずるものがある。

 

 

 

視点を変えてみよう。

 

あなたは「床で寝る」か「ベッドで寝る」かを選べと言われたら、どちらを選ぶ?

おそらく「ベッドで寝る」を選択するだろう。

 

メガネケースはメガネにとってのベッドである。机の上にメガネを置いておく行為は、床で寝ろと言っているのと同じである。

 

メガネは視力を補ってくれている。人間を助けてくれている。メガネをいたわってあげよう。

 

そしてメガネケースにも仕事を与えてあげよう。それがメガネケースの存在を肯定することになるはずだ。